四国遍礼道指南増補大成
 
伊予二十六カ所

四十番・観自在寺

 {平地に建っており、南向き}平城山薬師院と号する。空海が寺を建て、高さ一尺二寸の薬師如来立像を作って本尊とした。このために、薬師院と称する。また脇に観音を安置したので、観自在寺と呼ぶ。
 詠歌「しんかんや自在の春に花咲きて 浮き世の枯れて棲むや獣」
 稲荷まで道が三つある。灘道十三里、大岩道越え十三里、篠山越え十四里半。{ともに満願寺に至る。}灘道は谷間の山道で、長洲・摺木・柏、この間に二里の坂。上畑地・下畑地、芳原には阿弥陀堂がある。{宿を貸してくれる。}岩松・岩淵を通って、満願寺。
 次の中道は、長月。大岩道坂が二里続く。僧都村。小岩道坂は三里。秀松村・岩淵。{満願寺。}
 篠山越えは、広見村・板尾村。正木村。{この村の庄屋は代々遍路に対して門を閉ざさない。ありがたい言い伝えがある。尋ねるとよい。} 祓川。{垢離して篠山に向かう。}
 篠山観世音寺の本尊は高さ五尺の十一面観音{立像}。{西に三町行くと天狗堂がある。}山上に熊野三所権現。{ここに札を納める。}脇に霊異を示す池がある。生えている篠が万病に効く。{矢筈の池。中に怪異な石がある。池の周りに篠竹が生えている。夜毎、龍馬が現れ、食むという。万病に効くと人々が持ち帰る。特に、馬の病気に効くと言い伝えられている。}坂が一里続く。槇川村に宿を貸す善人がいる。番所で切手を改める。{大師堂がある。庄屋の名が右衛門が宿を貸してくれる。}御内村の庄屋は宿を貸してくれる。{庄屋の伊左衛門が宿を貸してくれる。}野井村坂には宿を貸してくれる善人が多い。{岩淵村を通り満願寺に至る。山を左にして、南向きに建っている。宇和郡津島郷にある。本尊は行基作の薬師如来像で、秘仏とされている。詠歌「万の願いを ここに満願寺 仏の誓い頼もしきかな」。この寺は八十八カ所の内ではないが、空海が草創した寺であり、当初は大伽藍であった。しかし今や廃れてしまっている。四国遍礼霊場記と、この道指南の収入で、満願寺を修理することが、序に書いたとおり、真念の念願である。△四国遍礼霊場記四巻△四国遍礼道指南全。野井村には観音堂がある。この村の伊左衛門は延宝年間の七年間、遍路人に足半を与え続けた篤志の人で、宿を貸してくれる。行き過ぎて地蔵堂がある。野井の坂。}祝森村。{地蔵堂がある。}稗田。寄松村。{毘沙門天像がある。}ここから宇和島城下に入る。{ここまで松並の美しい道である。}城下町へ入る所に願成寺がある。{元結掛とも呼ぶ。由緒ある寺だ。本尊は空海像。札を納める。少し行って}橋がある。番所で切手を改める。{城下に三十三カ所観音がある。何でも買い揃えられる。町の}出口にも番所がある。橋を渡って左へ{傍らに町を見ながら}進む。下村に宿を貸してくれる善人がいる。紺屋庄兵衛は代々宿を貸してくれる。和霊神社がある。中間村。{八幡宮がある。}光満村。{この間に年に七回実る栗がある。}務田村。{大師堂がある。}窓峠坂を通って、戸雁村に至る。
                                               
←逆   順→  ↑四国遍礼霊場記  ↓現代  画像サムネイル 
 
現代目次  総目次  四国遍礼霊場記目次   四国遍礼道指南目次
 
 
 


100MB無料ホームページ可愛いサーバロリポップClick Here!